ホーム  >  サステイナブルキャンパス評価システム  >  サステイナブルキャンパス評価システムの主眼

サステイナブルキャンパス評価システム

サステイナブルキャンパス評価システムの主眼





サステイナブルキャンパス評価システム ASSC

- Assessment System for Sustainable Campus




サステイナブルキャンパス評価システムASSCの開発にあたっては、できる限り、大学の活動を一般的かつ総体的に捉え、キャンパスのサステイナビリティ実現に必要な素地を評価基準として洗い出した。これは、本評価システムが全国の大学において適用可能なものとなるよう意図したものである。明快な評価指標を示すことで、各大学が運営方針決定の判断基準を見出せるよう機能することが、本評価システムの主眼である。本評価システムに掲げられた評価基準の達成度を大学が自己評価することにより、サステイナブルキャンパス実現に際し、当該大学が持つ得意な点、不得意な点が明確になる。その結果を用いて、どのような分野に力点を置いて強みを伸ばすのか、または弱みを減らすのか、今後の大学運営の指針が見えてくるはずである。










既に会員登録がお済みの方は、こちらからログインしてください。








まだ会員登録がお済みでない方は、こちらからご登録ください。