ホーム > サステイナブルキャンパス推進本部 > サステイナブルキャンパス推進本部の設置経緯について

サステイナブルキャンパス推進本部

サステイナブルキャンパス推進本部の設置経緯について

 サステイナブルキャンパス推進本部設置の背景

環境の世紀である今世紀、かつて科学の問題とされてきた気候変動を含むサステイナビリティに関わる問題は、今や最大の人類の課題となっています。すべての大学は、次世代に持続可能な地球と社会を残すため、問題解決に重要な役割を担っていると考えます。

「札幌サステイナビリティ宣言」が、札幌で2008年に開催されたG8大学サミットにおいて採択され、そこでは「大学は、持続可能な社会実現のための原動力になる」という決意が示され、研究と教育を通じて持続可能な社会づくりに貢献すると同時に、「自らのキャンパスを実験場」として、低環境負荷社会のモデルとなる必要があることが謳われています。

 一方,欧米においては,持続可能な社会づくりに対する大学の取り組みを評価,公表する方向にあり,評価項目には、エネルギー消費量等の環境負荷に関わる直接的な数値だけではなく,大学としての管理体制や環境政策、環境監査やモニタリング、または建物等の環境配慮、専従スタッフの有無、廃棄物のリサイクル,再生可能エネルギーの利用、学生,教職員の参加、温室効果ガス対策,交通計画など広範な課題が含まれています。

 「札幌サステイナビリティ宣言」でのキャンパス・サステイナビリティに関する社会的な約束と使命及び国際的な潮流に鑑み,全学的なサステイナビリティ・マネジメント体制を確立し,本学における環境マネジメントについて,関連する教育研究分野を含めた総合的な取り組みが急務であり,総長の下に,サステイナブルキャンパスの実現化を推進する中核的な組織として,サステイナブルキャンパス推進本部を設置しました。

 「サステナブルキャンパス推進本部設置構想

環境負荷低減に関する提言

北海道大学施設・環境計画室は、キャンパス・サステナビリティの推進をめざし、学内に向け下記のような提言を掲げています。大学を訪れる皆様もぜひご一読いただき、ご理解とご協力をお願いします。

北海道大学 持続可能な社会づくりに貢献するキャンパス運営を目指して-環境負荷低減に関する提言-

(平成22年1月12日 役員会)



最近の動き

  • 第11回ステークホルダーミーティングを開催しました
  • サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN)のサステイナブルキャンパス 評価システム”ASSC”で、北海道大学がゴールド認証を獲得しました!
  • HSI2017で開講いたします。
  • サステイナブルキャンパス構築のためのアクションプラン2016がまとまりました
  • 第10回ステークホルダーミーティングを開催しました!
  • 第6回さっぽろ環境賞においてさっぽろ市長賞を受賞
  • サステイナブルキャンパス国際シンポジウム2014を開催しました!
  • 「サステイナブルキャンパスをめざして-環境報告書2014-」を掲載

サステナビリティウ...

http://esc.osc.hoku...

http://www.uni-metr...

施設部