ホーム > サステイナブルキャンパス構築のためのアクションプラン

サステイナブルキャンパス構築のためのアクションプラン

サステイナブルキャンパス構築のためのアクションプラン

北海道大学の基本理念や長期的な目標を定めた第二期中期目標では、世界水準の教育・研究を支える高度なキャンパス整備及び環境配慮型キャンパス整備を推進することとしています。環境に配慮したキャンパスを実現するための環境負荷低減に関する削減目標は、大学全体としてゼロエミッションになることを最終的な目標とし、二酸化炭素の排出量については、2030年までの長期目標として2005年度比で35%削減することとしています。
本学では、これらの目標を達成するために、全国の大学に先駆けて、「サステイナブルキャンパス構築のためのアクションプラン2012」を策定いたしました。

本アクションプラン策定開始に至った経緯
 本アクションプランは、2008年に本学で開催されたG8大学サミットで採択された札幌サステイナビリティ宣言や環境に対する法規制の強化、また東日本大震災を契機としたサステイナビリティに関する意識の向上、そしてサステイナビリティに関する欧米大学の動向等を背景として取りまとめらました。特に米国では、平成18年に発表された全米学長による環境配慮行動宣言を契機として、大学のサステイナビリティに対する姿勢が変わり、各大学が加速的にサステイナブルキャンパスの構築を推進するようになった経緯があり、我が国の大学においても、今後この取組を推進する必要があることから、本プランを策定しました。

開始時期
 平成24年4月以降、本アクションプランに基づき、サステイナブルキャンパス構築に向けた取組を全学的に推進するとともに、各項目の達成状況を把握する予定です。



最近の動き

  • 第11回ステークホルダーミーティングを開催しました
  • サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN)のサステイナブルキャンパス 評価システム”ASSC”で、北海道大学がゴールド認証を獲得しました!
  • HSI2017で開講いたします。
  • サステイナブルキャンパス構築のためのアクションプラン2016がまとまりました
  • 第10回ステークホルダーミーティングを開催しました!
  • 第6回さっぽろ環境賞においてさっぽろ市長賞を受賞
  • サステイナブルキャンパス国際シンポジウム2014を開催しました!
  • 「サステイナブルキャンパスをめざして-環境報告書2014-」を掲載

サステナビリティウ...

http://esc.osc.hoku...

http://www.uni-metr...

施設部