国際ネットワーク

ASCネットワーク(Asian Sustainable Campus Network) への参画

ASC Network(Asian Sustainable Campus Network, サステイナブルキャンパス・アジア国際ネットワーク)とは、2015年に、アジアにおけるサステイナブルキャンパスの推進を目的に創設された各国ネットワークのネットワークです。発起人である3ネットワーク、韓国グリーンキャンパス協議会(Korean Association for Green Campus Initiative)、中国緑色大学連盟(China Green University Network)、日本のサステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN)に加え、2017年にタイのサステイナブル大学ネットワーク(Sustainable University Network of Thailand)が加わり、4か国をつなぐネットワーク組織となりました。サステイナブルキャンパスマネジメント本部は、サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN)の運営を担うと同時に、京都大学とともにASCネットワークの運営も担当しています。

京都大学で開催されたサステイナブルキャンパス・アジア国際会議の様子(2017年12月9~10日)

ISCNへの参画

ISCN (International Sustainable Campus Network)はサステイナブルキャンパスに関する世界の大学ネットワークです。設立は2006年で、2015年まではグローバル・ユニバーシティ・リーダーズ・フォーラム (GULF, Global University Leaders Forum, 世界経済フォーラムの一部会)により運営されていましたが、2016年よりスイス連邦工科大学ローザンヌ校に事務局を置くNPO法人となりました。本学は2013年にISCNに加盟し、北海道大学サステイナブルキャンパスマネジメント本部の池上特任准教授は2016年より、ISCNのワーキンググループの共同議長を務めるとともに、Advisory Committee委員としても参画しています。

インターナショナルグリーンガウンアワードへの参画

International Green Gown Awards(インターナショナル・グリーン・ガウン・アワード)とは,
2004 年に設立された世界的な表彰制度で,高等教育機関による優れたサステイナビリティの取り
組みに賞が授与されています。このアワードは,国連環境計画 (UN Environment Programme)より
承認を受け,世界的なインパクトを持つサステイナビリティ・リーダーを発掘することを目的とし
て実施されており,サステイナビリティの問題が大きくなるに従い,実践的で権威ある表彰制度と
して確立されました。
なお,この表彰制度の運営は,EAUC- The Alliance for Sustainability Leadership in Education が
担っています。

部門
1 社会への寄与 (Benefitting Society)
2 学生の関与 (Student Engagement)
3  サステイナビリティを推進する教育機関 (Sustainability Institution of the Year)

北海道大学は「サステイナビリティを推進する教育機関」の部門に、「Co-creating Sustainability on Campus: Collaborative Scheme of Faculty, Staff and Students through Actions Triggered by Sustainable Campus Assessment System(キャンパスでのサステイナビリティの創造―サステイナブルキャンパス評価システムを通した教職協働のしくみ)」の内容で応募し、ファイナリストの1校に選出されました。

日本からは他に、千葉大学の学生員会が「学生活動」部門でファイナリストに選出されています。受賞大学の発表および授賞式は、7月10日にニューヨークで開かれる、国連の「持続可能な開発目標に関するハイレベル政治フォーラム」において開催されます。

▸北海道大学の事例
https://www.sustainabilityexchange.ac.uk/sustainability_institution_of_the_year_finalist1?fbclid=IwAR0JD73GncHf5d48_0jjL6asmjJZA2vFXERK2tReydMCiy2szVuyYh1NJFc

ファイナリスト紹介資料(北海道大学pg14)

  
インターナショナル・グリーン・ガウン・アワードについて
https://www.greengownawards.org/international-green-gown-awards

   

        

サステイナブルキャンパス国際シンポジウムの開催

2011年度~2016年度まで、サステイナブルキャンパスマネジメント本部は「サステイナブルキャンパス国際シンポジウム」を開催してきました。サステイナブルキャンパスを推進する世界の大学から、研究者、実務者を問わず多彩な講演者を毎年招へいし、サステイナブルキャンパスの思想の理解から実践手法まで、本学が世界の事例を学ぶ絶好の機会となってきました。

2015年のサステイナブルキャンパス国際シンポジウムポスター
2015年基調講演。
MITのサステイナビリティオフィス長ジュリー・ニューマン博士
2015年パネルディスカッション。
ブリティッシュコロンビア大学ジェムス・タンジー教授と名古屋大学田中英紀教授
2016年ワークショップ。
九州大学鶴崎直樹准教授とミラノ工科大学エウジェニオ・モレロ助教
2013年エキスパートミーティング。
左からアムステルダム自由大学ジョアオ・ロマオ博士、ケンブリッジ大学ヘザー・トペル氏、トリノ工科大学ジウリア・ソネッティ博士
2013年エキスパートミーティング。
本学工学研究院の小篠隆生准教授
2013年エキスパートミーティング
2014年エキスパートミーティング。
ルクセンブルク大学アリアネ・ケニッグ博士
2016年ワークショップ。
グループ発表を行う室蘭工業大学門田薫氏と本学森本智博氏
2016年ワークショップ。

関連記事