サステイナビリティレポート(環境報告書)

サステイナビリティレポート(環境報告書)の公開

環境報告書とは、企業などの事業者が、経営責任者の緒言、環境保全に関する方針・目標・計画、環境マネジメントに関する状況、環境負荷の低減に向けた取り組みの状況等について取りまとめ、定期的に公表するものです。「環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律」(環境配慮促進法)に準拠するもので、「環境報告ガイドライン2018版」(環境省)が公開されています。

北海道大学では、2005年より環境報告書を作成をしています。上記のガイドラインを参考に、環境負荷低減に関するデータや取組を掲載することはもちろんですが、サステイナビリティの観点のある本学の歴史、文化、社会との関わり、学生企画等の内容の記事を盛り込んでいます。

本学のサステイナビリティに関する取組を包括的に公開するため、2020年号より「サステイナビリティレポート」と改題いたしました。

サステイナビリティレポート2021 HTML
サステイナビリティレポート2021 PDF版(14.9MB)    

 

なお、2021年度より新たな試みとして、本学の基本的な情報を掲載した「北海道大学概要」、財務情報に加え、本学のビジョン・戦略、取組・実績、ガバナンスなどを盛り込んだ「北海道大学財務報告書」と本サステイナビリティレポートの表紙に、本学のシンボルマークに使われているエンレイソウのビジュアルイメージを配し、デザインを統一しています。

「北海道大学概要」こちら、「北海道大学財務報告書」こちらもあわせてご覧下さい。

      

左から、
「北海道大学サステイナビリティレポート2021」「北海道大学概要2021」「北海道大学財務報告書2021」

 

サステイナビリティレポート2020 HTML
サステイナビリティレポート2020 PDF版(14.9MB)    

 

過去の環境報告書はこちら

関連記事