ホーム > 活動内容 > 国内外のネットワークの構築

活動内容

国内外のネットワークの構築

国内外のネットワークの構築の目的

  • サステイナブルキャンパスに関する国際的なネットワーク構築と連携を推進する。
  • 大学資源を地域と協働しつつ、有効活用を展開する。

国内外のネットワークの構築の歩みと今後の予定

2017    
6月 カナダ・バンクーバーで開催されたISCN(International Sustainability Campus Network)年次大会に参加。

 

2016







2月 京都大学で開催されたCAS-Net(サステイナブルキャンパス推進協議会)年次総会,運営委員会に参加。
11月 立命館大学で開催されたCAS-Net(サステイナブルキャンパス推進協議会)年次大会に参加。
11月 サステイナブルキャンパス評価システム(ASSC)ゴールド認証校ヒアリング(日本工業大学)
11月 サステイナブルキャンパス国際シンポジウム2016を開催
6月 イタリア・シエナで開催されたISCN(International Sustainable Campus Network)年次大会に参加。

 

 
 
 2015
12月 サステイナブルキャンパス国際シンポジウム2015を開催。
11月  千葉大学で開催されたCAS-Net(サステイナブルキャンパス推進協議会)年次大会に参加。
 10月  アメリカ・ミネアポリスで開催されたAASHE(Association for the Advancement of Sustainability in Higher Education)年次大会にて,本学の取り組みの紹介およびワークショップに参加。
 6月  香港大学で開催されたISCN(International Sustainable Campus Network)年次大会に参加。
 4月  マレーシア・コタキナバルで開催された第2回キャンパス・サステイナビリティ会議に参加し,基調講演を行った。



2014
11月 11月25日にサステイナブルキャンパス国際シンポジウム2014を開催。
10月 アメリカ・オレゴン州ポートランドで行われたAASHE(Association for the Advancement of Sustainability in Higher Education)年次大会において、本学のの取組の紹介や、ワークショップに参加。
 9月 ソウル大学及び延世大学へ訪問し、それぞれの大学のキャンパス・サステイナビリティに関係する教職員及びKAGCI(Korean Association for Green Campus Initiative)のメンバーとサステイナブルキャンパス構築に関する情報交換を行った。
 6月 アメリカ・ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学で行われたISCN(International Sustainable Campus Network)2014年次大会に参加。参加大学との情報交換やネットワーキングを図った。
2013
11月 11月6日にサステイナブルキャンパス国際シンポジウム2013を開催。
10月 アメリカ、ナッシュビルで行われたAASHE(Association for the Advancement of Sustainability in Higher Education)年次大会において、本学の取組の紹介や、ワークショップに参加。
 6月 シンガポール国立大学で行われたISCN(International Sustainable Campus Network)2013年次大会に参加。参加大学との情報交換やネットワーキングを図った。
 3月 英国・ケンブリッジ大学とオックスフォードブルックス大学のサステイナブルキャンパス構築への活動に関する調査を行い、情報交換やネットワーキングを図った。
2月~   京都大学で行われたサステイナブルキャンパス推進協議会設立準備会議に参加。
2012
10月 10月29日にサステイナブルキャンパス国際シンポジウム2012を開催。
アメリカ、ロサンジェルスで行われたAASHE(Association for the Advancement of Sustainability in Higher Education)年次大会において、STARS国際パイロットへの取組の紹介や、ワークショップにも参加。
 6月 ソウルで行われたOECD CELE国際会議に参加。
アメリカ、オレゴン大学で行われたISCN(International Sustainable Campus Network)年次大会に参加。本学のサステイナブルキャンパス推進本部の取組をプレゼンテーションするとともに、参加大学との情報交換やネットワーキングを図った。
1月~   EU3大学(下記参照)と本学と共同で 「サステイナブルキャンパス構築のための政策と評価方法の確立」についての国際交流プロジェクト”UNI-metrics”を開始(2013年12月まで)

  • トリノ工科大学
  • ケンブリッジ大学
  • アムステルダム自由大学
2011
10月 10月26日にサステイナブルキャンパス国際シンポジウム2011を開催。
 アメリカ、ピッツバーグで行われたAASHE(Association for the Advancement of Sustainability in Higher Education)年次大会において、本学のサステイナブルキャンパス推進本部の取組の紹介や、ワークショップにも参加。
 9月    ISCN年次大会に参加したスイス連邦工科大学など3大学と情報交換やネットワーキングを図った。
 6月    平成23年6月に行われたISCN(International Sustainable Campus Network)年次大会に参加。本学のサステイナブルキャンパス推進本部の取組をプレゼンテーションするとともに、参加大学との情報交換やネットワーキングを図った。
3月   情報交換やネットワークの構築及びアメリカの総合評価システム”STARS”を参考とするため、下記の4大学のサステイナビリティ・オフィスへヒアリングを行った。

  • Portland States University
  • University of Oregon
  • Stanford University
  • UC Berkeley


最近の動き

  • 環境説明書 環境報告書2017を公開しています
  • 第11回ステークホルダーミーティングを開催しました
  • サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN)のサステイナブルキャンパス 評価システム”ASSC”で、北海道大学がゴールド認証を獲得しました!
  • HSI2017で開講いたします。
  • サステイナブルキャンパス構築のためのアクションプラン2016がまとまりました
  • 第10回ステークホルダーミーティングを開催しました!
  • 第6回さっぽろ環境賞においてさっぽろ市長賞を受賞
  • サステイナブルキャンパス国際シンポジウム2014を開催しました!
  • 「サステイナブルキャンパスをめざして-環境報告書2014-」を掲載

サステナビリティウ...

http://esc.osc.hoku...

http://www.uni-metr...

施設部